天野主税写遊館

渓流浪漫 #6

f0045844_11405022.jpg


水は、いつでも、どこでも、気ままで自由に表情を変えて流れ、光はさまざまないのちにむか

って、愛と幸福感をシンボリックに伝え、限りない旅をつづける。
その両者の合流点に出会った時、わたしはふと奥深い宇宙の源に、そっとふれたような不思

議な感触をおぼえ、胸がトクトクと鳴る。

いのちのスタートラインとしてイメージがナチュラルに湧き、その一瞬一瞬をドキドキ震える手
でシャッターを刻み、一枚の印画紙の中に、あれやこれやと思いを馳せながら、現象をプロデュ
ースしていくのだ。

地球の上では、数知れないいのちが、いろいろな形で暮らしている、このいのちがもっとも輝

いてみえる瞬間を目にすることは、じつに楽しく、うれしいし、ハッピーなことだと思う。

ここ数年、それらが輝き続けることのできる、原点ともなる光と水に、特に感心をもって撮影を
つづけている。

光も水も宇宙の、まして地球のトータルな表情だと思っている。
当たり前だが、どちらが滅びても、地球上のいのちの存在は考えられないことだし、人間も勿論のことだ。


光の源、光の匂いを嗅ぎ分けることができるなら..........................。

宇宙と仲良く、その波動を毎日、音楽のように楽しみながら、暮らしていけるのだろうか、

そう想うと夢はさらにふくらんで行く。

わたしは、この魅力的なテーマをさらに、クリエイティブに撮り続けて行きたいと思う。



人気ブログランキングへ
今日もどうかアイコンをポチットと1クリック よろしくお願いします!(1日1回有効です))
クリックしてくれた人もしない人もこのブログにきてくれた人はみんな大好きです!!

[PR]
by lorcachi | 2012-05-19 11:42 | 渓流