天野主税写遊館

古寺の桜

f0045844_07161218.jpg
古寺の桜


1269年に鎌倉の日蓮聖人が河口湖の小立地
区にて説法を行い、
その時に教化を受けた28人により草庵を
建てたのが妙法寺の開山とされ,
その後1274年に移り寺屋敷を建て、そし
て1559年に現在の地に新築された。
本堂は明治19年の火災で焼失してしまい、
1899年に再建されたと言う由緒ある古寺を
訪ねた。
寺の山門に差しかかると「山門不幸」と言
う聞き覚えのない文言が書かれていた。
調べると寺の住職がお亡くなりなったよう
だ。
山門へ入ると人の気配はなく境内は桜が花
盛りで古い日本構築物とのバランスが美し
い。
寺の本堂の背景にまるで住職の死を悲しく
悼み見送るようにして桜の花が春の光の中
で燦燦と煌めいていた。




[PR]
# by lorcachi | 2018-04-26 07:20 | 風景写真